2007年08月16日

8/13〜8/19に発売される新書

発売日ははっきりわかならいものもあるので、およそってことで。

平凡社新書】8/11(たぶん)
・論理と心理で攻める 人を動かす交渉術(荘司雅彦)
・今から考える終の棲み家(大沢久子)
・考古学の教室 ゼロからわかるQ&A65(菊池徹夫)
・大人のための「ローマの休日」講義 オードリーはなぜベスパに乗るのか(北野圭介)

アスキー新書】8/13
・接客の魔法 プロマジシャンが明かすコミュニケーションの技術(庄司タカヒト)
・スポーツ医師が教えるヒザ寿命の延ばし方(小山郁)
・「ガソリン」本当の値段 石油高騰から始まる"食の危機"(岩間剛一)

ソフトバンク新書】8/16
・未来を予測する技術(佐藤哲也)
・病気になる人、ならない人(土橋重隆)

サイエンス・アイ新書】8/16
・深海生物の謎(北村 雄一)
・カラー図解でわかるクルマのしくみ(市川克彦)
・心はプログラムできるか(有田隆也)

集英社新書】8/17
・米原万里の「愛の法則」(米原万里)
・王様は裸だと言った子供はその後どうなったか(森達也)
・性のこと、わが子と話せますか?(村瀬幸浩)
・「不育症」をあきらめない(牧野恒久)

新潮新書】8/17
・本格保守宣言(佐藤健志)
・日本カジノ戦略(中條辰哉)
・いつまでもデブと思うなよ(岡田斗司夫)
・男はつらいらしい(奥田祥子)

光文社新書】8/17
・失敗は予測できる(中尾政之)
・ネオリベラリズムの精神分析 なぜ伝統や文化が求められるのか(樫村愛子)
・ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ ハイテク海洋動物学への招待(佐藤克文)
・「命令違反」が組織を伸ばす(菊澤研宗)

サイトの即時性って、各社によってまちまち。9月分まで予告しているとこもあれば、いまだに7月で止まっているところもちらほら。光文社がかなり使えない…。


posted by saitoshokai at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊新書速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

8/6〜8/12発売の新書

※宝島新書追加しました(8/13)

ちくま新書】8/6
・努力論(斎藤兆史)
・脳がほぐれる言語学(金川欣二)
・ストレスに負けない生活(熊野宏昭)
・ルポ最底辺(生田武志)
・人を動かす情報術(春木良且)

ちくまプリマー新書】8/6
・民主主義という不思議な仕組み(佐々木毅)
・自然を感じるこころ(野田研一)

PHP新書】8/9
・京の花街 「輪違屋(わちがいや)」物語(高橋利樹)
・「頭のよさ」は遺伝子で決まる!?(石浦章一)
・預言者ムハンマド(鈴木紘司)
・プロ相場師の思考術(高田智也)
・昭和の思想家67人(鷲田小彌太)
・言葉はなぜ通じないのか(小浜逸郎)

角川ワンテーマ21】8/10
・ニセモノはなぜ、人を騙すのか?(中島誠之助)
・ボナンザVS勝負脳 最強将棋ソフトは人間を超えるか(保木邦仁、渡辺明)
・京都妖怪紀行 地図でめぐる不思議・伝説地案内(村上健司)
・実践 文豪の日本語(齋藤 孝)

生活人新書】8/10
・あなたは戦争で死ねますか(斎藤貴男、知念ウシ、沼田鈴子、広岩近広)
・英語学習 7つの誤解(大津由紀雄)
・心を揺さぶる語り方 人間国宝に話術を学ぶ(一龍斎貞水)

中公新書ラクレ】8/10
・(読売新聞朝刊一面コラム) 編集手帳 第十二集(竹内政明)
・不動産は値下がりする! 「見極める目」が求められる時代(江副浩正)
・街角の科学誌(金子務)

朝日新書】8/10
・スナップ写真のルールとマナー(日本写真家協会編)
・アメリカに問う大東亜戦争の責任(長谷川熙)
・はまる人、はもる人、はめる人(キャメル・ヤマモト)
・江戸300藩 殿様のその後(中山良昭)
・冷蔵庫で食品を腐らす日本人(魚柄仁之助)

宝島新書
・派遣のリアル(門倉貴史)
・般若心経は間違い? (アルボムッレ・スマナサーラ)
・若返りウォーキング(小林寛道)
・理数オンチも科学にめざめる! 高校物理“検定外”教科書(山下芳樹)


ちくまプリマーの佐々木毅『民主主義という不思議な仕組み』が要注目。ビジネス自己啓発方面では、『心を揺さぶる語り方 人間国宝に話術を学ぶ』(一龍斎貞水)が気になる。

posted by saitoshokai at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊新書速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

7/30〜8/5に発売された新書

青春新書インテリジェンス
・たった3行でわかる現代史(祝田秀全 監修)
・騙されるニッポン(ベンジャミン フルフォード)
・米中が鍵を握る東アジア情勢(浅井信雄)

新書y
・野球神よ、大リーグ球場に集え (宇佐見陽) 

MC新書(洋泉社)
・初期心的現象の世界 理解のおくれの本質(村瀬学)

ロング新書
・子どもが育つ江戸しぐさ(越川礼子)
・一冊で名作がわかる太宰治 (小石川文学研究会 渡部芳紀)


いずれも正確な発売日はわかりませんが、書店には並んでいます。ロング新書なんて、あったんですね。洋泉社のMC新書『初期心的現象の世界』は大学生時代に熟読した本でした。

posted by saitoshokai at 23:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 新刊新書速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

7/23〜29に発売された新書

ベスト新書】7/18でした。
・日本人の品格(渡部昇一)
・日本人として大切にしたい品格の躾け(川島優)
・うちの社長に読ませたい100文字でわかる会計(監修:林總)
・超「暴力」的な父親(梁石日)
・ラーメンの真髄(石神秀幸)
・投信バブルは崩壊する!(須田慎一郎)
・売るならだんごか宝石か(林總)
・北朝鮮はなぜ潰れないのか(重村智計)

ヴィレッジブックス】7/20でした。創刊っす。
・もっとしっかり、日本人(永六輔)
・「デタラメ思考」で幸せになる!(ひろさちや)

マイコミ新書
・ブレインハックス-人生を3倍楽しむ脳科学(佐々木正悟) 7/10発売
・変革期のウェブ 〜5つのキーワードから読み解くウェブとビジネスのこれから〜(鷹野雅弘・益子貴寛・長谷川恭久・安藤直紀・原一浩・名村晋治) 7/20発売

祥伝社新書】7/24
・早朝坐禅−凛とした生活のすすめ(山折哲雄)
・「お墓」の心配無用 手元供養のすすめ(山崎譲二)
・ダサいオヤジは「暴力的存在」である(松尾智子)
・「まずい!!」学 組織はこうしてウソをつく(樋口晴彦)
・知られざる日本の恐竜文化(金子隆一)
・手塚治虫「戦争漫画」傑作選(手塚治虫)

中公新書】7/25
・軍神 近代日本が生んだ「英雄」たちの軌跡(山室建徳)
・日本の統治構造 官僚内閣制から議院内閣制へ(飯尾潤)
・海ゴミ−拡大する地球環境汚染(小島あずさ、眞淳平)
・信長と消えた家臣たち 失脚・粛清・謀反(谷口克広)

KAWADE夢新書】7/25
http://www.kawade.co.jp/bunko.html
・常識として知っておきたい日本の国宝50(佐藤晃子)
・温かい心で生きてる人はやっぱり強い!(内海実)

幻冬舎新書】7/27
・旧かなづかひで書く日本語(荻野貞樹)
・日本進化論(出井伸之)
・働く意味(小島貴子)
・100億円はゴミ同然 アナリスト、トレーダーの24時間(坪井信行)
・兵隊万葉集(早坂隆)
・ゲームニクスとは何か(サイトウアキヒロ)
・知識無用の芸術鑑賞(川崎昌年)
・笑えるクラシック(樋口裕一)

posted by saitoshokai at 19:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 新刊新書速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

7/15〜22に発売された新書

青春新書インテリジェンス】これはとっくに発売されてました
・日本人 数のしきたり(飯倉晴武)
・ウソつきは数字を使う(加藤良平)

平凡社新書】7/10でした。すんません…
・学生による教育再生会議(東京学生教育フォーラム)
・昭和30年代(塩田潮)
・脳内リセット!笑って泣いて健康術(吉野槇一)
・民営化で誰が得をするのか(石井陽一)

17日以降発売の新書はここから後。

ソフトバンク新書】7/17
・なぜあの人はモテるのか?(久我羅内)
・サイバージャーナリズム論(歌川令三 湯川鶴章 佐々木俊尚)

サイエンス・アイ新書】7/17
・恋する遺伝子(山元大輔)
・みんなが知りたい水族館の疑問50(中村元)
・いまさら聞けないパソコン活用術(大崎誠)
・生き物たちのふしぎな超・感覚(森田由子)
・行動はどこまで遺伝するか(山元大輔)

集英社新書】7/17
・憲法の力(伊藤真)
・テレビニュースは終わらない(金平茂紀)
・紳士の国のインテリジェンス(川成洋)
・ビートたけしと「団塊」アナキズム(神辺四郎)

新潮新書】7/17
・大帝没後 大正という時代を考える(長山靖生)
・ロック・フェスティバル(西田浩)
・母の介護(坪内ミキ子)
・邦画の昭和史 スターで選ぶDVD100本(長部日出雄)

PHPビジネス新書】7/18
・センスなんか問題じゃない営業成績の上げ方(藤本篤志)
・「アサーティブ」の技術(大串亜由美)

講談社現代新書】7/18
・スピリチュアルの冒険(富岡幸一郎)
・日中戦争(小林英夫)
・モスラの精神史(小野俊太郎)
・海外経営の鉄則(山崎克雄)

ブルーバックス】7/20
・はじめての数式処理ソフト CD-ROM付(竹内薫)
・新装版 相対論のABC(福島肇)
・マンガ フロイト入門(R・アピグナネシ O・サラーティ/画 小林司/訳)

講談社+α新書
・意外とこわい睡眠時無呼吸症候群(成井浩司)
・国家情報戦略(佐藤優、コウ・ヨンチョル)
・正面を向いた鳥の絵が描けますか?−視覚と脳の不思議な関係(山口真美)
・70代三人娘 元気の秘訣(俵萠子、吉武輝子、樋口恵子)
・一度も植民地になったことがない日本(デュランれい子)


岩波新書】7/20
・ユビキタスとは何か 情報・技術・人間(坂村健)
・集団的自衛権とは何か(豊下楢彦)
・自衛隊 変容のゆくえ(前田哲男)
・グアムと日本人 戦争を埋立てた楽園(山口誠)
・金融NPO 新しい銀行の形を探る(藤井良広)
・金・銀・銅の日本史(村上隆)
・肖像写真 時代のまなざし(多木浩二)
・カラー版 すばる望遠鏡の宇宙 ―ハワイからの挑戦(海部宣男、宮下暁彦)


岩波ジュニア新書】7/20
・博物館へ行こう(木下史青)
・この本、おもしろいよ!(岩波書店編集部/編)

文春新書
・舊漢字−書いて、覺えて、樂める(萩野貞樹)
・戦争遺産探訪 日本編(竹内正浩)
・俳句鑑賞450番勝負(中村裕)
・この国が忘れていた正義(中嶋博行)
・空気と戦争(猪瀬直樹)
posted by saitoshokai at 20:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 新刊新書速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

新書速報

これだけ新書がわんさと出ているのに、どうもまとまって新刊リリースしてくれるメディアがないのは、なぜ?

しようがないので、この場を使って、新刊網羅してまいります。

ってことで、今日は今月発売(〜7/14)まで。

学研新書
・ビジネス法則の落とし穴(東谷暁)
・戦国の兵法者(牧秀彦)
・ロシアン・ジョーク(酒井陸三)
・赤江瀑の「平成」歌舞伎入門(赤江瀑)
・四字熟語で読む日本史(河合敦)
・私たちの終わり方(真部昌子)

ちくま新書
・高校生のための哲学入門(長谷川宏)
・病原体から見た人間(益田昭吾)
・気まぐれ「うつ」病 ─誤解される非定型うつ病(貝谷久宣)
・東アジアの終戦記念日 ─敗北と勝利のあいだ(佐藤 卓己 編集、孫 安石 編集)
・日本の花火(小野里公成)

ちくまプリマー新書
・未来形の読書術(石原千秋)
・川を旅する(池内紀)

新書y
・イタリア病の教訓(松本千城)
・「タバコは百害あって一利なし」のウソ(武田良夫)

角川oneテーマ
奇妙な祭り 日本全国<奇祭・珍祭>四四選(杉岡幸徳)
護憲派の語る「改憲」論 日本国憲法の「正しい」変え方(大塚英志)
怒らない人(辛淑玉)
六〇歳で夢を叶えよう 仕事、趣味、家族、お金(河村幹夫)

生活人白書
・28歳からのぶっつけ留学成功法(平川理恵)
・娘たちの性@思春期外来(家坂清子)
・ダブルキャリア 新しい生き方の提案(荻野進介、大宮冬洋)

中公新書ラクレ
・日本の戦時下ジョーク集 満州事変・日中戦争篇(早坂隆)
・日本の戦時下ジョーク集 太平洋戦争篇(早坂隆)

アスキー新書
・2011年、メディア再編 地デジでテレビはどう変わるのか(西正)
・新教養としてのパソコン入門(山形浩生)
・法律・税制を味方につける 年金をあてにしない蓄財術(落合和雄)
・日本人はなぜシュートを打たないのか?(湯浅健二)
・なぜいい女はパッとしない男に惚れるのか?(澤口俊之)
・快適デジタルライフ ネットにパソコンをつなぐ法(アスキー・ドットPC編集部 編)

PHP新書
・世の中がわかる「○○主義」の基礎知識(吉岡友治)
・人材コンサルタントに騙されるな!(山本直治)
・「人間嫌い」のルール(中島義道)
・社会脳 人生のカギをにぎるもの(岡田尊司)
・神社の由来がわかる小事典(三橋健)
・菜根譚の名言 ベスト100(守屋洋、守屋淳)
・なぜか、人が集まってくる気の使い方(山崎武也)

光文社新書
・東大教養囲碁講座(石倉昇/梅沢由香里/黒瀧正憲/兵頭俊夫)
・メンタル・コーチング(織田淳太郎)
・女ことばはどこへ消えたか?(小林千草)
・東京の島(斎藤潤)

朝日新書
・職場砂漠(岸宣仁)
・石油で読み解く(岩間敏)
・線路にバスを走らせろ(畑川剛毅)
・日本に国家戦略はあるのか(本田優)
・イスラムに負けた米国(宮田律)



posted by saitoshokai at 19:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 新刊新書速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする