2008年02月19日

【書評】年金問題の正しい考え方

年金問題の正しい考え方――福祉国家は持続可能か

盛山和夫/中公新書

 社会保険庁の大失態があったことで、今回の参院選挙では、年金が争点だそうな。でも、与野党のメッセージを比べるに、その争点とは、保険料の支払いや年金給付の“確実性”だというのだから、嘆かわしい。そりゃ、年金保険料の納付記録はしっかりつけてもらわなきゃ困るけど、そんな小遣い帳みたいな次元の話が、どうして選挙で争われなければならないのか。やれやれ、だ。

 年金を議論するなら、もっと大事な話があるでしょうに。そう、本書が説くように「安心と信頼のおける年金制度」をいかに作るかってことだ。

 この本には、ビックリするようなことがいくつも書いてある。僕の驚きベスト3を挙げてみよう。第3位は、年金を保険料じゃなくて消費税にしても、世代間格差はなくならないということ。第2位は、現在の制度では、国民年金の未納率が低くなればなるほど、将来の年金会計は悪化すること。つまり、未納が多いほうが将来の赤字は少ないのだ!(だからといって未納でいいとは著者は言っていないので誤解なきよう)。そして栄えある第1位は、少子高齢化が年金財政の危機をもたらしたのはウソっぱちだということ!

 じつは、現在の年金危機を招いたのは、1973年の制度改正でとんでもない大盤振る舞いをしたことが出発点だった。一定額の保険料の拠出に対する年間の給付額を、73年の制度と現在の制度とで比較すると、なんと4・4倍も73年のほうが多い。が、真に驚くべきは次のことだ。かりに少子化も長寿化も起きずに、73年時の出生率や死亡率が継続したとしても、「1973年のスキームは崩壊する」。つくったときに崩壊することがわかっている制度なんて、詐欺同然だ。国民が年金に不信感を抱くのも当然なのである。

 では、過去の過ちを反省して、04年の改正で持続可能な年金制度になったのか。著者は、これまでの制度にはなかった「マクロ経済スライド調整率」(被保険者の減少と平均余命の伸びを考慮した支給水準の抑制)を新たに導入したことで、年金支出にメスを入れたことは画期的だと評価しているが、それでも現在、厚労省が想定しているシミュレーションでは「維持不能」だと診断する。

 あちゃー。すごくヤバイじゃん。だったら、やっぱり抜本的な改革が必要なんでないの? 全部、消費税にしちゃうとか? 僕もそう思っていたクチなのだが、本書を読んで見方が変わった。消費税化や積立方式も決して最終解決にはならないどころか、場合によってはさらに悪いほうにもなりかねないのだ。

 著者が考える望ましい年金制度は、最終章に記されている。その最大にして絶対的な基準は「持続可能であること」。

 言われてみればその通り。いくら小遣い帳をきちんとつけられるようになっても、肝心のお金がなくなったら、小遣い帳の意味なんてありませんもの。(執筆 2007年7月)
 
posted by saitoshokai at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で書いたブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック