2011年05月14日

若者論の難しさ

▼本田由紀&速水健朗による基礎講演+トークセッション「3.11以降の『空気』と若者のこれから」に行って来た。

・本田氏は、従来は保守的だった高学歴オトコの意識が、3・11以降、「社会を変えないとヤバいんじゃないの」という方向に舵を切りつつあるんじゃないか、と希望をまじえて推測。

・一方、速水氏は、高学歴男子には興味ナシ、ギャルの電子的なコミュニティやメディア対応に期待を賭けたいと。

・トークセッション自体は、消化不良気味だったが、両者の期待する対象のすれ違いは興味深い。

・参考文献:『学校の「空気」』(本田由紀・岩波書店)

▼『紛争屋の外交論』の著者・伊勢崎賢治氏特別インタビューがNHK出版のサイトで公開。「ビンラディン『処刑』 ここからまた、新しい恐怖が始まった。」。著書の序文も公開。
posted by saitoshokai at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック