2010年08月15日

『国際貢献のウソ』の名セリフ【2】

僕も含めて、多くの人が誤解しているのが「貧困国には技術がないから、先進国からの技術者を派遣して、彼らが自立できるような技術を教えることが必要だ」という考え方です。

伊勢崎さんは、いいます。

 勘違いもはなはだしいんですが、途上国の人々は、我々よりもはるかによく魚のとり方を知っています。自分たちで自宅を建設したり修理したり、コミュニティで共同して集会所なんかも自前で建設する。


そんな彼らに向かって、日本のNGOが「依存はいけない、自立せよ」なんて言うのは傲慢もいいところ。

だって、

自立が必要なのはNGO側の人間かもしれない。だって、日本のNGOなんて、自分たちの食い扶持が来年どうなるかわからない状態です。(中略)そういう状態でそもそも、途上国に出かけて行って自立せよなんて言うのがおかしい。


と、日本のNGOの急所をズバリと突きます。

青年海外協力隊の「専門家派遣」にしても同様です。

つまり、日本人が現場に入って、現地語を習得して現地の人と一緒に汗を流す。そうすれば途上国の人々に開発・発展に対する姿勢を伝授し、息の長い影響を与えうる――こんな言い方がなされてきた。ほとんど精神論の世界ですね。「援助効果をめぐって業界内の熾烈な競争をする国際NGOの視点から見ると、非常にべたべたとした、(略)途上国を愚弄している発言としか思えない。




国際貢献のウソ (ちくまプリマー新書)

国際貢献のウソ (ちくまプリマー新書)

  • 作者: 伊勢崎 賢治
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2010/08/06
  • メディア: 新書



posted by saitoshokai at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159506960

この記事へのトラックバック