2009年11月10日

8/16〜8/29発売の新書

新潮新書】8/17
・メディアとテロリズム(福田充)
・血の政治 青嵐会という物語(河内孝)
・センスのいい脳(山口真美)
・腹八分の資本主義(篠原匡)

PHP新書】8/17
・自分らしいキャリアのつくり方(高橋俊介)
・世界一幸福な国デンマークの暮らし方(千葉忠夫)
・コミュニケーション力を引き出す(平田オリザ)
・「モナリザ」の微笑み(布施英利)
・岡本太郎(平野暁臣)
・本当に使える!日本語練習ノート(樋口裕一)
・お役所バッシングはやめられない(山本直治)

ソフトバンク新書】8/17
・伝える技術50のヒント(山中秀樹)

サイエンス・アイ新書】8/17
・海に生きるものたちの掟(窪寺恒己)
・あと1年使うためのパソコン快適術(ピーシークラブ)
・イージス艦はなぜ最強の盾といわれるのか(柿谷哲也)

光文社新書】8/18
・バカ丁寧化する日本語(野口恵子)
・サバイバル時代の海外旅行術(高城剛)
・間違いだらけの教育論(諏訪哲二)
・キラークエスチョン(山田玲司)
・敗戦と赤線(加藤政洋)

集英社新書】8/18
・誰でもなる! 脳卒中のすべて(植田敏浩)
・ガンジーの危険な平和憲法案(C.ダグラス・ラミス)
・日本の女帝の物語(橋本治)
・熱帯の夢(著:茂木健一郎、写真:中野義樹)


PHPビジネス新書】8/18
・人を動かす「文章術」(川辺秀美)
・復活企業 強さの理(赤堀たか子)
・ゼロからわかる契約書のつくり方(原秋彦)

講談社現代新書】8/20
・日本銀行は信用できるか(岩田規久男)
・日本語という外国語(荒川洋平)
・カラー版 ハッブル望遠鏡 宇宙の謎に挑む(野本陽代)
・戊辰雪冤 米沢藩士・宮島誠一郎の「明治」(友田昌宏)

講談社ブルーバックス】8/20
・イカはしゃべるし、空も飛ぶ〈新装版〉(奥谷喬司)
・量子テレポーテーション(古澤明)
・図解 新世代鉄道の技術(川辺謙一)

講談社+α新書】8/20
・地震の癖(角田史雄)
・代謝革命(佐藤務)
・「でっけえ歌舞伎」入門 マンガの目で見た市川海老蔵(樹林伸)
・プライド・オブ・YEN 日本の誇りを賭けた「鳩山」の物語(杉山隆男)
・いま20代女性はなぜ40代男性に惹かれるのか(大屋洋子)
・めざめよ男力!(有吉与志恵)
・「で?」の一言で、部下の意欲に火をつける(鈴木義幸)

岩波新書】8/20
・司法官僚 裁判所の権力者たち(新藤宗幸)
・タイ 中進国の模索(末廣昭)
・ダーウィンの思想 人間と動物のあいだ(内井惣七)
・四コマ漫画 北斎から「萌え」まで(清水勲)

岩波ジュニア新書】8/20
・モグラ博士のモグラの話(川田伸一郎)

文春新書】8/20
・日本の珍地名(竹内正浩)
・ユリ・ゲラーがやってきた 40年代の昭和(鴨下信一)
・父が子に教える昭和史 あの戦争36のなぜ?(柳田邦男、藤原正彦、福田和也、中西輝政、半藤一利 他)
・中国共産党「天皇工作」秘録(城山英巳)

アフタヌーン新書】8/20
・宙のまにまに 天体観察「超」入門(柏原麻実)

交通新聞社新書】8/21
・昭和の車掌奮闘記(坂本衛)
・水戸岡鋭治の「正しい」鉄道デザイン(水戸岡鋭治)

ハヤカワ新書juice】8/21
・ウィキペディア・レボリューション(著:アンドリュー・リー、訳:千葉敏生)

中公新書】8/25
・イルカ 生態、六感、人との関係(村山司)
・排出取引 環境と発展を守る経済システムとは(天野明弘)
・ネガティブ・マインド なぜ「うつ」になる、どう予防する(坂本真士)
・ローマ喜劇 知られざる笑いの源泉(小林標)

祥伝社新書】8/26
・コンビニ食と脳科学 「おいしい」と感じる秘密(加藤直美)
・再発見 夏目漱石 65の名場面で読む(出口汪)
・「夫婦」という幻想(斎藤学)
・知られざる「吉田松陰伝」(よしだみどり)
9・15 リーマンショック(・片山修)
posted by saitoshokai at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊新書速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック